読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何かしら。

旅行やら、自転車やら開発やら、畑やらについてのメモを書くかもしれない。

【綿花・手紡ぎ】紡いだ糸のより留めと、縦糸の整経【2016.1.14】

f:id:imo_h_m:20160114235953j:image
熱湯の中に、紡いだ糸を、入れて30分くつくつ煮て、より留めをした、糸。
f:id:imo_h_m:20160115000001j:image
すごい糸っぽい。糸だ。
f:id:imo_h_m:20160115000041j:image
この状態が懐かしい…
これで糸としては完成。後は織るだけ。

f:id:imo_h_m:20160114235547j:image
次は、縦糸の色を決めて、整経。

2mかけました。
リネン10
シルク6
リネン10
金シルクの縞
の順で、23回分。

f:id:imo_h_m:20160114235849j:image
大切なあやの部分。

f:id:imo_h_m:20160114235941j:image
枠から外して、
f:id:imo_h_m:20160115000118j:image
仮筬だっけな…。ひたすら通す作業。

今回はここまででおしまい。
紡ぎ糸のより留めと、整経の話でした。